NEWS お知らせ

2016.07.02 トップチーム 本年、初参加で挑んだ全日本実業団バドミントン選手権大会
小町谷・藤巻組を主軸に目指すはベスト8へ

20160701_01

 

予選リーグを順当に2勝し、決勝トーナメントへ

 

決勝トーナメント1回戦も三菱電機丸亀に3-0で勝利し、2回戦進出。
2回戦はチャレンジリーグに参戦しているタダノ(香川県)。タダノはここ数年この大会でベスト16常連チームです。

 

この試合もトップシングルスを落とすものの3-1で勝利し、初出場で初のベスト16入りを果たしました。

 

そして、目標であったベスト8を懸けた3回戦。
対戦相手は2部リーグ所属の トヨタ自動車北九州(福岡県)。このチームが上がってくることは想定内。
第1ダブルスに植田・河野を起用。
第2ダブルスに小町谷・藤巻を起用。

 

通常であれば小町谷・藤巻が第1ダブルスであるが、相手のオーダーを読んでの策。
これが見事に当たり第1、第2ダブルスで勝利、ベスト8入りに王手をかけます。
残すは第1、第2、第3シングルスでどこか一つ勝てば悲願のベスト8。

 

第1シングルス
植田vs小森(トヨタ北九州)
1ゲーム目を失うものの、2ゲーム目はラリーを長くすることで相手のミスを誘い、ファイナルゲームへ突入。しかし接戦の末、19-21で惜しくも敗戦。

 

第2シングル、第3シングルも0-で敗戦
シングル力の強化を学んだ。

 

見えかけてたベスト8は次回へお預け。
今回の敗戦で9月に開催される全日本社会人選手権(個人戦)へ新たな課題とモチベーションが更に高揚。
選手には賛同いただいている家族、企業、個人パートナー、仲間、チームメイトに感謝心を持ち更に精進することを伝えました。

 

 

応援くださった皆様、ベスト8入賞には届きませんでしたが、選手は一生懸命頑張りました。今後とも応援をよろしくお願いします。

 

監督 山﨑広一